未分類

サラセンのディーラーの悪意のあるトリック

消費者金融から融資を受ける場合、金利が低く借りやすい場所から利用したいという声が多い。消費者の欲求を悪用する方法で、悪意のあるサラキンのディーラーは、過度の利益を上げるために積極的に使用されます。紹介を呼び、非常に説得力のあるチラシやダイレクトメールを使って「低金利で貸します」と顧客を誘惑する人もいます。現在紹介されているのは、チラシを扱う会社とは全然違う会社です。広告主は金融ビジネスを運営しておらず、会社とは何の関係もないサラキンのディーラーにのみ運営されています。それがあなたがコミッションを得る理由です。いわゆるの主催者もあります私たちは魅力的な広告を使用して、「低金利で債務を整理する」などのフレーズで複数の債務者を招待します。招待を受け入れると、より多くの債務を清算し、サラキンのディーラーに悪い弁護士を雇い、債務者に毎月の返済額を以前より少なくするように熱心に勧められます。一見簡単に思えるかもしれませんが、実際には債権者(消費者金融業者)には支払われていません。過剰な手数料は、再編成のための保証金として徴収されることがあります。トリックは、単にお金を失い、返済が終わらないということです。現金化とは何の関係もないとしても、サメローンという言葉を聞いたことがあるはずです。彼は、金融サービス庁に登録せずにお金を借り、金利制限法と投資法の最高金利を大幅に超える高金利でお金を借りる、邪悪な消費者金融の売り手です。悪意のあるベンダーにはさまざまな手法があります。一目で良い話を書いたり、一見ダイレクトメールで書いたりしても、何かがおかしいのではないかと気をつけてください。

You May Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!